« 正しい歩き方 | トップページ | GLAY万歳日記 »

2006年10月21日 (土)

雑誌的ライブレポvol.2

ついにこの日がやってきた。

蓮音Presents "蓮音-LEO- Live in 宝塚Plomised Land feat E#"

見事に秋晴れとなったこの日、蓮音初の地元ライブそして初企画ライブが宝塚で行われた。
会場はいつもと違う雰囲気に包まれていた。

まず一つはなんと言っても客数である。
これまでのライブは完全にアウェー状態だった。
しかしこの日、会場のキャパシティは70人と少し小さかったものの、ほぼ満員(でもない)。
けれどもいつにない客席の熱気が逢った。

そしてなによりも、初の地元ライブだということだ。
蓮音は活動拠点が京都になりつつあるためこれまで自分達の音楽を友達、親、これまでお世話になった人達になかなか見せれずにいた。
今回は高校時代の友達、親、先生にやっと見てもらうことができる。
メンバーの意気込みももちろん違っていた。(もちろん毎回全力だが)

PM7:00 開演。
まずは対バン相手であるE#の演奏。
密かにTOSHIがいたことはゆうまでもない。
E#にはTAICHIの憧れであるギタリストがいる。リハーサル時からTAICHIのテンションはあがりっぱなしだった。

E#が会場をあたためてステージをおりると、すかさず今回の特別企画が始まる。
特別ゲスト「かなかな」の登場である。
そしてE#のギタリスト「はんちゃん」との二人でのMC。
二人は専門学校でラジオDJになるべく勉強している。まだ学生である。
そしてMCを企画したTOSHIですらこの二人には圧倒された。
クイズ企画や、プレゼント。予想もしなかった喋りが展開される。
この二人の声をラジオで聴ける日はそう遠く無いかも知れない。

そして、突如沸き上がった蓮音コール。
ステージ袖でとまどうメンバー達。
観客のはちきれんばかりの蓮音コールにかきけされたSEとともに蓮音が登場する。
そして音楽が段々と大きくなり、不意にとまったかと思うとすかさずいつものギターが炸裂する。

満を持して登場した1曲目は、UNLIMITED。
今日の蓮音の気合いがうかがえる一曲が終わる。
と、そこに少しハードなギターリフが浮き上がってくる。

NO!!が始まる。
少しハードなこの曲は、メンバーもお気に入りの一曲である。
そして肝心のあのフレーズ⋯TOSHIのベースソロ⋯成功である。緊張していたのかすこし走り気味だったがうまくいった。
そしてここからTOSHiは暴走モードに突入する。

曲が終わるとついにこの瞬間がやってきた⋯そうあれである。
蓮音名物MCの時間である。
この日のMCは (中略)  と、そんな感じのMCだったと思う。

MCのあと、お馴染みのあの曲Rainy Dayが始まる。
アコースティックギター導入後、雰囲気が変わった。BIGさん加入も大きかったと思う。
この曲も蓮音の歴史の中で成長してきた曲であろう。

そして今回の蓮音は意外な曲を持ってきた。
蓮音の顔とも言えるさくらをアコースティックにアレンジしての演奏。
より、さくらの持っている何かを感じ取れたのではないかと思う。

それからは蓮音色にもどりHOLIDAY.LOTUS SOUNDという続き。
Lotus Soundはテーマ曲として定着してきたのではないだろうか。

そして最後は恒例になりつつある、ライブ毎の新曲初おろし企画。
今回はTOSHiの作詞、SHINGOの作曲"遥風-ハルカゼ-。
いつもと違った蓮音サウンドだった。

早すぎるアンコールとともに再び登場した蓮音。
DAYBREAKでSHINGOの哀愁のある歌声が響き渡る。
本編でアレンジをした後に、いつものさくらをアンコールで演奏。
メンバーはかなり気持ちよかったと語る。

こんな感じで終了した今回のライブ、成長した蓮音が見られたのでは無いかと思う。
そしてこれからも蓮音は一歩一歩、歩き続けるだろう。

                             編集後記
TOSHi独占取材。
本誌ではライブでも語っていた、ハルカゼの秘密について蓮音のTOSHIに独占インタビューを行った。


TOSHI(以下T)「いや、正直そんなWEBまでひっぱるような秘密はないんですよ(笑)まぁ、最近"続きはWEbで!"みたいなんはやってますからね」
記者「確かに。うっとうしいですよね」
T「すみません」
記「いや、そう結う意味じゃ無いですよ(笑)で、秘密ってのは?」
T「まぁ、聴いてくれたらわかると思うけど、すごい歌詞が甘いんですよね。"君の事が好きだよ"とか"ずっと一緒に居る"とか。これはTAICHIも言ってたんですけど、実は当時の彼女に書いた歌詞なんですよ(笑)で、書きはじめた時にほとんど言葉も決まってて。でもなんか他の曲練習したり、なかなか仕上げれなかったんですよね。」
記「ずっと、放り投げてた訳ですね」
T「そうそう。んで、何だかんだしてるうちに書き終えたのが別れた2日後ってゆう⋯」
記「えー!彼女為の曲を別れてから仕上げたら意味無いじゃ無いですか(笑)」
T「そうそう。だから結構思い出したりするんですよ。いや、もちろん彼女を。じゃなくて、別れた2日後にスタジオで歌詞を完成させた自分の姿を⋯」


|

« 正しい歩き方 | トップページ | GLAY万歳日記 »

コメント

ハルカゼの歌詞かわいいよなw

投稿: TAICHI | 2006年10月21日 (土) 21時04分

対談おもろいw

投稿: K2 | 2006年10月22日 (日) 00時05分

HOLIDAYも甘いよw
孫に対するおじいちゃんの態度くらい甘いwww

投稿: TOSHI | 2006年10月22日 (日) 01時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 正しい歩き方 | トップページ | GLAY万歳日記 »