« 想定≦現実≦想定 | トップページ | 睡眠不足 »

2006年7月17日 (月)

さくら 第一話

今年もまた春がやってきた。寒かった冬を越えて生命に息吹を感じる季節だ。

社会人になってからというもの、ゆっくりと桜を見る余裕さえなく、ただ社会の歯車となってがむしゃらに働く毎日だった。

ただ、この時期になると思い出すことがある。

もう、何年前のことだろうか。

今でも忘れない、いやこれからもずっと忘れないだろう春の思い出。

桜の咲く季節に、また君に会える気がして。

     

いつからか僕らもまた 嫌いだった大人になった

     悲しみさえも受け流して そんなことに慣れていたな

     気付けばホラ、空の青に隠した涙



キーンコーンカーンコーン

遠くでチャイムの音が聞こえた。俺は浅い眠りから目覚めると窓の外を見た。

校庭に咲き乱れる桜が、春の風と共に散っていく。

そんな風景に見とれていると、校門付近に咲いている桜の下に誰かがいるような気がした。けれど、目を凝らしてみてみると誰もいなかった。

錯覚かな?と、自分で結論を出して、休み時間になった教室で馬鹿笑いをしているいつものグループに混ざりにいった。



長い長い、一日が終わる。

終礼が終わると、俺たちは我先に校庭に飛び出し部活が始まる前にサッカーを楽しむ。

30分くらいの間、仲間同士で汗を流してから皆で片づけをする。

そのときふと、一人の女の子に目が行った。

うちにあんな子がいたかな…。

その時、女の子と目が合って、笑顔を見せた。

俺はなんだかはずかしくなって、白い雲の浮かぶ青い空に目をそらした。

     

さくら舞う風の中 あの日君がくれた笑顔

     今もこの胸の支えです  同じ空を見てた

|

« 想定≦現実≦想定 | トップページ | 睡眠不足 »

コメント

きゃー♪♪♪
また連載開始ゃね☆
次はどんな話か楽しみ★

投稿: みお | 2006年7月17日 (月) 04時56分

揚げ足取りで悪いんやけど、
歌詞違うくない?
そして使うなら一言言ってくれ(-_-)

投稿: Taichi | 2006年7月19日 (水) 00時01分

ゆわんかったのは、わるかった。
でも、歌詞はあってるで?

投稿: | 2006年7月19日 (水) 01時38分

「あの日君がくれた笑顔」やで!

投稿: Taichi | 2006年7月19日 (水) 01時43分

あwww
しまったw
ごめんwww

投稿: | 2006年7月19日 (水) 01時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 想定≦現実≦想定 | トップページ | 睡眠不足 »