« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

とりあえず。

すみません、小説も一段落したし今日は普通の日記です^^




さてさて、ライブも近づいてきたね~。

ある人が言ってた。

「数多くライブするより、意味のあるライブをしなさい」って。

蓮音はたくさんライブしてるわけじゃないけど、意味のあるライブって出来てるかなぁ?



今回の京都ライブもする意味を考えてみた。



曲を聴いてもらいたい。とか?

ってか、それより蓮音にとってライブする意味って?

あ~、わからんくなってきたw

まぁ、でも意味ってやっぱりライブ数こなしてから気づくもんなんかな?



そもそも蓮音を続けてる意味って?www

おぉ。こんな根本的なとこまで戻ってしまったw

趣味?っちゃあ、趣味かなw

プロ目指してる?っちゃあ目指してるしなぁ・・・。

ん~・・・。最初って何でバンド組んだんかな?wプロ目指してた・・・よなぁw

今思ったら軽い?っつーか、甘いバンドだな。。。

目標をしっかりと持つって結構大切なんだなって思った。



なんか今はライブのために活動してる気がするwwwwそれって、多分違うよね。

メンバーともう一回はなし合う必要あり?wwwん~。リーダーなのにw



ま、京都のライブは決まったしこなさなきゃいけないな!!かっこよく!!

ファン集めダーー( ・∀・)=b

| | コメント (5)

2006年6月29日 (木)

あ~トホホホホ…

いや~昨日からホント凹む…

あまりに悔しくて詳しくmixiにもかいたけど、

手短に言うと、奨学金逃した。。。

あと2人抜かしてたら…

来年頑張ろう!!って気になかなかなれないけど、

来年こそつかみとったる!!

昨日その気晴らしに天一行った!!

けど、スタンプカード無くなってた…

ん~なんか不運は続くもんやね。。。

きっと7月良いことあるぞ!!!

なんかテンション低めのK2でした!!

また来週~☆

P.S.

SHINGOバイトがんばっとるか??

| | コメント (0)

そんな日もある

7:00 登校⇒18:30 帰宅⇒20:00 バイト⇒24:30 帰宅⇒

テレビ⇒6:00 登校準備

そう、大変です、何とここ最近は生活のロスタイムに



バッチリとW杯がはまってしまいました!



だってなぁ、帰ってきて試合やってたら見てまうやん!

しかも決勝入ってきたら見逃せる試合なんて皆無!!

削るしかないでしょう!!


っつってももう最近は試合中フル出場で起きてられないことも多々・・・

学校ある時間にやられても困るけど

全く寝るための時間にやられても困ります(-. -)



あ、今日はK2氏が天一食べにいらっしゃいました、

またK2ハウスにセラピー求めて

お訪ねしたいのでその時はよろしく(^^)/

| | コメント (0)

2006年6月27日 (火)

視界

僕です。SHINGOです。

視力の低下に悩んでた今日この頃。

視界に入る全てのものは少しぼやけてきてたが、

汚いものは見ないですんでた。

 

 

というかここ最近ほんのうわべの(ぼやけててもわかるくらいの)
きれいな部分しか見てなかったんだと思う。

 

授業中はメガネをかけ、
日常ではうわべをなでて生活してた。

 

 

こんな生活に疲れてきた僕は

ついに今日、

 

 

 

 

コンタクトレンズ作ってきました。

 

 

やったーこれで脱メガネしてモ…

 

 

 

ってもしかしていつもメガネかけてなかったから

みんなに気づいてもらえない!!!!????

 

 

うゎ…切ねぇ…

| | コメント (0)

2006年6月26日 (月)

第二章 HOLIDAY 第3話

気が付いたら、僕は姫音を抱きしめていた。

泣きそうな顔でうつむいた姫音を見て、僕はなんだか切なくて胸が苦しくなった。

それから二人はごく自然に愛し合った。

僕も姫音も始めての経験だったけど、順序とかそんなものじゃなくて、そこには愛があって、姫音がいて、ぬくもりがあった。

気が付くと8時になっていた。

バイトには完全に遅刻だけど、なんだか不思議と僕は安らいでいた。

真っ暗な部屋で、長い時間僕たちは何も言わずに抱き合っていた。






     揺れては、また繰り返す いつまでも ずっと・・・きっと

     二人でいる時間だけ 足りないんだ もっと・・・もっと

     知らなかったはずなのに、懐かしいよ 一個一個

     すべてが僕の心に・・・染み渡って行く・・・





そして、それが僕たち二人にとって最初で最後のつながりになった。




秋になって、まもなく姫音のガンは再発した。

また入院生活が続いて、僕は毎日、姫音を見舞った。


けれど、今度は・・・姫音は帰って来なかった。

もぅ、あの笑顔を見ることも無い。あのぬくもりも感じることは出来ない。

あの綺麗な声を聞くことは無い。もぅ、君に愛してるって伝えられない。


僕は姫音の最後を見届けた。

最後に姫音は僕に笑ってみせた。僕も笑顔を返した。

姫音の手から力が抜けた瞬間、僕の中で何かが切れて目からとめどなく涙があふれた。

それからはお通夜とかお葬式とか、なんだかあわただしく過ぎ去っていった。





あれからもう一年が経つ。

僕は未だに立ち直れていない。

僕は弱い人間だ。この悲しみを乗り越えるための力は僕には無いよ。

ねぇ、もう一度だけ君が笑顔をくれたなら・・・君との日々を思い出に出来るかな?

僕は一生、君と生きていくよ。それを君が望んでいるのかはわからないけど。





今日は、雨が降っていた。

すべてを流し去ってくれる雨。

君と出会った駅のホームで、流れる涙をごまかしてくれてる。

| | コメント (5)

2006年6月25日 (日)

地獄⇒天国⇒地獄

まぁ世の中そんなもんやと思いつつも、

やっぱり天国から地獄へ突き落とされた時って凹むよなぁ・・・w

しかもやっぱり雨っていう、


(悪い)思い出はいつの日も雨~♪こんな歌あったやんな?

何やったっけ?

とにかく僕は雨が嫌いだ。



とりあえず暗い話してもアレなんで天国のお話を。


そう、ついに天国への切符を手に入れました!

KYOSUKE HIMURO+GLAY 2006 at AJINOMOTO-STADIUM

『SWING ADDICTION』


参戦決定!!!!!



ほんまに、まさか取れるとは思わんかったよ。

しかも先着やったし、よう取れたわ、

今までチケット取れたのって全部抽選やったから、

抽選の方がラッキーなんやろけど、

何か実力で取ったって感じがして、しかもGLAY×氷室京介って・・・


俺の2大HEROのライブを見れる、

いや、むしろ同時にステージで演奏するその瞬間その空間にいることが出来るかもしれない・・・


もうほんまに、死ぬかもしれん!w



ってな感じで昨日から今朝にかけては非常にいい気分でした。

まぁそういうときに限って事件は起こるんよな、

ほんまよくできてる。ゼロサムゲームってやつやね

| | コメント (0)

2006年6月24日 (土)

明日。

俺だよ。俺。うん、そう、SHINGO。

はい、バイトの初出勤日決まりました。

明日からです笑

 

あ、そういえばTAICHIが俺の髪の毛をいじりたがってるみたいだけど、

髪の毛はいじりません!!(宣言)

 

少なくとも今のところ「ナチュラルヘアー派」なんで。

たいしたことが無い限りいじりませんよ。

まぁ俺にとって大したことがみんなにとってま小さなことかもしれませんがね。

 

…なんか今日は日記をまとめて終わることが出来なさそうなのでこの辺で。逃。

| | コメント (0)

第二章 HOLIDAY 第二話

姫音は散らかってるというけれど、彼女の部屋は僕の部屋よりかは何倍も片付いている。

冷房が少し寒かったので、僕はエアコンのスイッチを切り、部屋の真ん中に置かれたガラスの低いテーブルに姫音と向かい合って座る。

そうして、僕らはおしゃべりに時間を費やし、たまにゲームをしてみたり。

いつものように、二人の時間は過ぎていく。

二人でいる時間は本当に早く感じる。気が付けば7時になっていた。

「あ、俺もうバイト行かなきゃ」

「またバイト?あんまり無理しちゃだめだよ?」

僕の計画は姫音には秘密にしてある。驚かせようと思ってだ。

「わかってる。来月は一日中一緒にいれる日作るから!!」

僕はそういって、部屋を出ようとした。

「そんなにバイトしてどうするの?」

僕はドキッとした。顔に出ないように気をつけながら

「い、いや、ちょっとほしいものがあるんだ」

と笑いながらごまかす。

「そっか。私はね、蓮音がいればほかに何もいらないよ」

寂しそうな顔で姫音は言った。

| | コメント (1)

すんません。

今日は学校でライブがあったので、おそくなりました・・・。

マジで疲れたので・・・小説、ちょっと待って・・・。

今日の昼くらいには書くから・・・マジで。

寝かせてwww

| | コメント (3)

2006年6月22日 (木)

モヒカンにしてやりたい

SHINGOを。


彼は素材だ、このいじりたい気持ち、止められない・・・

絶対似合うと思う、俺の想像では完璧だ。クールすぎる。


とりあえず今短いモヒカンにして、育てて高いモヒカンにしていくのがいい、

夏は短く、冬は長く・・・季節感のあるモヒカンもいい感じ・・・w


構想は膨らみます、実現する日をお楽しみにw




僕は雨が嫌いだ。






クセ毛がえらいことになるから・・・


雨の日は朝起きた瞬間に分かる、最悪な気分の目覚め、

寝癖を直そうにも直した毛が新しい寝癖を作って、

一回風に吹かれれば全てが終わる・・・


しかしこの髪の毛は何でこんなに弱いんや?

梅雨だけは某K2氏みたいにストパーってのもアリやけど、

俺の財布はそんなの許すワケも無く。

そういや今月の給料は振込みが間に合わなかったらしく

手渡しでもらった。給料を手渡しでもらうのなんて何年ぶりやろう・・・


やっぱ手渡しって何かありがたみがあっていいよな!

あの封筒をもらう時の嬉しさと一ヶ月がんばった自分へのアレとか

何か色々あって独特の感慨があるね。

問題はもう全部使い道が決まってしまっているコトやけど・・・

儚い・・・

| | コメント (5)

久しぶりにいってきました!

ネタがアルうちに書いておこう。

今日は久しぶりにボウリングに行って参りました~。。

ええ、男3人でデスよ・・・w

大学帰りに尼崎のラウンド1ですよ!!

知ってる人も多い??と思いますが、

俺、ボウリングほんまにへたくそなんですよ。。

3ヶ月ぶりやし、マジ覚悟してたんですけど…

けどね!意外とできたし、

だいぶまともになってきたんですわ!!

Dscn1409

120とか初めてだよ~☆

ほんの1年前までアベレージ75位やったのにw

でも絶対もっといける!!

1G目の途中から、2G目の途中まで

かなりぐだぐだやったもん…

でも意外とストライクも取れたし、

なんかみんなで5回連続でストライクかスペア

とったら景品くれるとかってサービスあって、

景品もらったし~!!意外と5回連続いけるもんやんね!

あ~ボウリング好きになってきたわ~

また近々いきたいな~☆

SHINGOが働いてるトコに乗り込むかな!!

| | コメント (1)

2006年6月20日 (火)

説明、時々雑談。

どーも僕です。

今日はバイトの説明会。
19日か20日か選べたんですが、おいらは20日をチョイス。

8時からだったから、飯食ってから行きました。

で、到着!!!


フロントにその旨を伝えて案内してもらうと。。。
 

 

 




ちょっと待て!!?
男俺だけ!!??

 
いや、まぁある意味なれた状況だが、、、orz


男1:女3の状況でしばし支配人が来るのを待つ。

その間会話に参加しようとしない俺。
この時点である種の負け組み。


5分ほどして支配人がやってくる。
面接で将来の夢を聞いてきたあの人。

冊子渡されて、それを見ながらいろいろと説明。

説明。。。

説m、、、雑談。。。



 冴 え 渡 る 支 配 人 ト ー ク




…いやまぁ面白かったけどさ。

一時間ほどで終わるって言ってたのに結局2時間かかるってどうよ??

なんだかんだで十時過ぎくらいに終わりました。。。


初出勤日は明日かあさってくらいに連絡があるらしい。



  ふ~…

あ、仕事はボウリングコーナーに決まりました。

よかったらぜひこないで下さい。

| | コメント (1)

2006年6月19日 (月)

第2章 HOLIDAY 第1話

姫音が再び通学するようになってもぅ一年が過ぎた。もぅすぐ9月なのに、暑さはしぶとく残っている。

この一年で僕らは正式に恋人になって、結婚を前提に・・・とまではいかないけれど家族ぐるみの付き合いをするようになっていた。

姫音は時間と共に順調な回復を見せ、今では月に1度病院にいくだけでいいようになった。抗がん剤の副作用で抜け落ちてしまった髪も今では肩までかかるくらいまで伸びた。

笑顔も前みたいに輝いきだした。


朝、カーテンの隙間から差し込むまぶしい光で目を覚ました。

晴れ渡った空には雲ひとつなく、僕はいそいそと階下に降り身支度を整えて元気に家を出た。

大学も3回生になって、僕は最近やっとバイトを始めた。

家の近所のラーメン屋で、夜から深夜の時間帯だけ僕は働いている。

バイトを始めた理由は、もちろん姫音とのデート代目的がほとんどだけど、僕は車を買おうと思っていた。

姫音はまだ激しい運動ができない。歩くのがやっとの姫音に楽をさせてあげたかった。

そんな理由で僕は、週に5日もバイトに入っている。決して楽ではないけれど、姫音のためなら僕は頑張れた。

そして今日は土曜日。学校もないし、バイトは夜からなので、僕は姫音に会いに行くことにした。



        土曜の朝の道  文句無いほど晴れて 

        このままゆけば あと10分で君の家に着くかな?

        やっと待ってたHOLIDAY 夜はバイトあるけど 

        今日は朝からすべて忘れて二人で昼寝しようか



僕は姫音の家までいつも歩くことにしている。特に理由は無いけど、なんとなくウキウキした気分を長く味わいたかった。

15分かけて僕は姫音の住んでいるマンション到着する。

このマンションは15階建てのこの辺りではとても大きなマンションで、僕はいつも最上階を見上げて、なんだか押しつぶされそうな気になりながら早足でマンションに入っていく。

姫音は7階に住んでいる。

エレベーターで7階まで上がって、目の前にあるのが姫音の家だ。

時間は10時ちょっと過ぎ。僕は時計をみてうなずくと、チャイムを押した。

なんだか待っていたように、すぐにドアが開いて姫音のお母さんが中から顔を出す。

「おはようございます」

僕はいつものように笑顔で挨拶をする。

「いつも来てもらうばっかりで悪いわねぇ」

「いえ、こっちもいつもお邪魔させてもらってすみません。それに姫音がうちにくることになったら僕は心配で待ってられませんから」

僕は冗談っぽく言う。

姫音のお母さんは微笑んで、どうぞという風にドアを開けてくれる。

「おじゃまします」

僕がそういうと、奥から

「お、来たか。今日は3分遅刻だな」

と姫音のお父さんがからかう。すると横で姫音が

「そんなことばっかり言って、ホントに怒るよ?」

と、不機嫌そうな声で言う。

「すまんすまん」と姫音のお父さんは新聞に目を戻す。

いつもの通りだ。僕はこのやりとりがなんだかとても好きだった。

姫音が奥から歩いてきて、これもまたいつもの通り

「よごれてるけど、どうぞ」と少しはずかしそうに部屋に案内してくれる。


そんな毎回のことが、僕にはとても癒される光景なんだ。

| | コメント (3)

2006年6月18日 (日)

空を泣かせる男

僕は雨が嫌いだ。




TOSHIに迎えに来てもらわないといけないから(練習の時)・・・w


せやかてもうチャリとか原チャで運べる荷物ちゃうしな・・・

車のための貯金なんてもう追いついてないし

チャリのタイヤ換えなあかんし、ギター修理に出さなあかんし、

チューナーも壊れたし、あぁ、今月で定期も切れるし!もう・・・


あ、あれや、あの歌、

飛んでゆく~飛んでゆく~飛んでゆく~♪

(19の名曲『果てのない道』:ビクターより)

19懐かしいなぁ、俺の青春。

あれか、梅雨は人まで泣かすのか?もう全然上手くないしな!w



あ、TOSHIは俺がマジメやということに今更気づいたらしいね

ってことは今までマジメやと思われてなかったのか?

なんてこった!



TOSHI小説「Rainy Day」感動のフィナーレ(?)でしたが、

あの歌は数少ないレオの曲の中で俺が一番好きな曲で、

レオ結成ぐらいからTOSHIが歌詞を書いてて、

俺が適当に弾いたコードにTOSHIが適当にメロディー乗せて生まれた曲。


メインの部分に俺が関わってないから客観的に聴けるのかもしれないけど

あの耳に残るメロディーはかなり気に入ってます。

TOSHIは覚えてないかもしれないけど、

最後の「Sunny Day~ハレルヤ」のとこは俺が付けたんやで!

そこんトコよろしく!w


何せ小説もいいけど早く曲を聴いて欲しいね。

夏はいっぱいライブやるで~(いつも意気込みだけw)

| | コメント (2)

2006年6月17日 (土)

天の恵みを呼ぶ男。

どーも。SHINGOです。

今日は土曜日。

通常授業は無いのですが、補講のため学校へ行きました。

予報では昼からの降水確率は20%

普通なら降っても小雨程度の確率です。

ってことで折り畳み傘を持ってきました。

 

授業は午前中。

ばっちり授業を無視してレポートを作り終えてさぁ帰るぜぇ!!

と思ったら。。。

 

 

 

 

!!!!!!????!!?!?!!?!?!?!

 

 

 

 

  

Σ(゚Д゚;≡;゚д゚) どしゃ降りじゃないっすか!!!!!!!

 

 

 

 

いやいや…折り畳み傘のレベルじゃ帰れんて……

 

こんなトコで雨男本領発揮です。

 

まぁ雨のおかげで先生とちょっとまおしゃべりしたり、一年の時にお世話になったT.Aさん(ティーチングアシスタント?)と遭遇したり出来ましたが。。。

 

 

ずっと雨が弱まるの待ってたんで結局帰ったの五時くらいだし。。。

 

さて、どうしたら晴れ男になれますかね・・・

| | コメント (3)

2006年6月16日 (金)

思ったこと☆

最近、小説ばっかり書いてたので普通のことも書きたくなったので書いてみますw

覚えていますか?蓮音のTOSHIです( ´艸`)

今日は小説書いた後、気が向いたので昔の記事読んでました。

んで、気が付いたこと。






TAICHIは意外とまじめ!!



それから・・・






昔は、皆文章が長くて、色も使ってて感動。


なぜ、TAICHIがまじめかとゆうとね・・・

まず、書き忘れが一回しかないwwwしょっぱなやけどww

それからテゴリの付け忘れがない!!これすごい。・゚・(ノ∀`)σ・゚・。いーーひっひっひっ

SHINGOと俺はカテゴリやたらつけてないwさっき、すべて直して来ましたw

そんなこんなで皆ちゃんと書こうね!!ネタないのはわかるけど・・・。・゚・(*ノД`*)・゚・。

あとね、バイトしてて思ったこと。

深夜にやくざのお客さんが来たのね。別に、クレーマーとかそんなんじゃないんやけど。

そのお客さんはすぐに帰りました。

で、そのあと一般のお客さんが同じ席に座りました。

これってさ、すごくない?(え、別に?)

今まで、まったく無関係やと思ってた人種の人が同じ席に座ってたんやで。

そんな些細なことでも人ってつながってるんやなって思いました。

世間は狭い!もしかしたらTAICHIの天下一品にいってふと座った席に芸能人が座ってたかもしれん。

世界って狭いよねw

それだけw

なんとなく言いたかったのさwww


それでは!!蓮音のリーダーのTOSHIでした(*´∇`)ノシ


P.S   俺のこと忘れないで(*´・д)(д・`*)ネー

| | コメント (1)

Rainy Day 第3話

それから何週間も姫音は駅に来なかった。

僕はまた雨が嫌いになった。

梅雨の季節は終わったのに、雨は降り続いていた。

まるで僕の気持ちをあざ笑うかのような、雨。

初めて姫音に出会ったあの日みたいな霧のような、雨。




Rainy Day 冴えない頭の中
          
        君の事思ってる
 
        やっぱ君がいないと

        あぁ・・・僕は駄目だ・・・。




夏が来た。いまだに姫音は姿を見せなかった。

携帯も電源を切っているようだった。入院してれば仕方ないだろう。

ぼくはとうとう、姫音に会いに行くことにした。

迷惑かもしれない。

けれど、もぅ僕の気持ちはとめられなかった。

会いたい。これだけ人を好きになったのは初めてかもしれない。

たかが、一目ぼれ。あさ10分くらい喋るだけの仲なのに僕には姫音が忘れられなかった。

「蓮田 姫音さんの病室は・・・?」

僕は看護婦さんに聞いて、病室の前までたどり着いた。

すこし迷ったけど、ここまできたら姫音に会おうと思って部屋の扉をノックした。

「だれ?」

「おれ・・・蓮音」

少し間があった。

「入っていいかな?」

「だめ。入らないで」

大きな声で拒否されて俺は動揺した。

「そっか。また会えるようになる?」

俺は少し震える声で言った。

また姫音は答えなかった。

長い沈黙。

「入ってきて」

姫音は小さな声で言った。

俺は横開きの扉を開けた。するするとあいた扉の向こうには透明なビニールの壁に覆われた姫音がいた。

「お前・・・」

「あたしね、がんなんだって・・・。もぅ直らないかもなんだって。」

そういって姫音はかぶっていたニット帽をはずした。

「みて、髪の毛もこんなんになっちゃったし。はは・・・」

姫音は笑顔でそういった。その顔は不安とか僕には計り知れない気持ちが混ざりあっていていつものように輝いてはいなかった。

なんだか、僕はとても泣きたくなった。

ほんとは泣きたいのは姫音なのに。僕が励ましてあげなくちゃいけないのに。僕には好きな人一人、笑顔にするだけの力もないんだ。

僕はなんだか、訳のわからないまま無菌室に入った。もちろん白衣とかは着ていた。

それから・・・姫音にキスをした。時間にしてほんの2秒。

けれど僕らにはとても長い時間だった。

唇が離れたあとに見つめた姫音の目からは、外と同じような大粒の雨が流れていた。

それから何ヶ月か経った。

それから姫音はとてもよく頑張った。痛みに耐え、手術に耐えた。

僕も出来る限り、姫音を支えた。

であった日。姫音が僕の太陽になってくれたみたいに、僕が姫音の太陽になろうと思った。

>BR>

そして、とうとう姫音は外泊できるまでに回復した。

今日は姫音の初外泊日。両親が来るらしいので僕は自宅待機。

外は・・・やっぱりあめだった。せっかくうれしい日なのに。

でも、僕は雨は嫌いじゃない。

だって、晴れない雨はないから。

Rainy Day 君には明日会えるさ

        太陽とも会えるさ

        君にはやっぱ今日会いに行こうかな?

Sunny Day あぁ・・・明日はハレルヤ!!

| | コメント (3)

2006年6月15日 (木)

梅雨入り

とうとう梅雨入りしましたね~・・・

いやぁウザイ!うざいよ!雨。。

俺は雨が大嫌いです!!

そんなさなかでも、蓮音のみんなは、

結構練習に集まってるみたいです。。

楽器濡れたりしないんかな??とも思いますが、

ソレはさておき、なんか雰囲気変わりましたね~

蓮音。。練習する機会も増え、曲も増え、、

次のライブが楽しみです!!!

(ちょっと短いけどごめん↓)




P.S.

天一解析なるものを見つけました~w

天一好きの方はどうぞ♪

天一解析

| | コメント (1)

2006年6月14日 (水)

一夜明けて

最近SHINGOの日記がやる気無いと思う人!

いや、あれが彼のスタイルなんだという人!

いやいやただネタが無いんだという人!

それぞれ意見はあると思いますが、w

そんな事を断じて日記のテーマにしたりはしないっすよ!


今日は放課後流れに拉致られる感じで、

友達の買い物に付き添って日本のブロードウェイ(受け売り)に行った。

なんとあの代表ユニフォーム「No.5」を求めてらしい、

まぁ何より何年ぶりかに入ったKAMOやで・・・w 

※まがりなりにも小・中サッカー少年でした


つっても流石に開幕後。かなり品薄やって、

男物のサイズは俊介と中田ヒデのしか無かったな~

(でも頼んだらプリントしてくれたみたいから元々置いてないんかな?)


でも実際ミーハーなんかもしれんけど、やっぱ欲しくなったわw

やっぱなぁ~あるよな、何かw

K2氏ぐらい潤ってないと!やっぱ本物は高いです・・・

女の子サイズの方はやはりというか宮本のが多めに置いてあった。


ミスって昨日もクロアチア戦もバイト入れてもうてたからなぁ、

日曜も早くあがれることに期待、店長頼みますから!


そしてその足で楽器屋へ。平日の夕方って感じのすき具合で

遠慮不要って感じで良かった。

何か友達は楽器屋に来たのは初めてやけど、

実はずっとベースが欲しかったらしく早速話を聞いていた。

さすがホンマの大阪人って感じで買い物上手な会話やったから

安心してほっといたら、すぐに商談が成立していた。


うん、やっぱり最初の楽器は、

見た目直感欲しいと思ったタイミングで買うべきやわ。


今日はやたらとフレイムトップが鮮やかなホライズンに目を奪われた。

予算も必要性もまだ無いのに着々とオーダーメイドの構想が

膨らんでいくわ~、まぁこういうのって考えてるだけでも楽しいからいいか!

| | コメント (0)

2006年6月13日 (火)

あつい

僕です。

 

世間ではワールドカップ一色ですが、

まっっっっっっっったく興味ないのでスルーです。

 

しかし今日は暑いね。

暑すぎて予定していた買い物もやめました。

まぁ金の消費が抑えられたので結果おーらいです。。

はい、ゴメンナサイね。今日も今日とてネタがありません! 

あ、

おいTOSHI

 

MDは!!!!???????????

| | コメント (2)

2006年6月12日 (月)

Rainy Day 第2話

僕の視線はそこに釘付けになった。

雨の中でひときわ輝く、お日様のような笑顔で僕の落ち込んだ心は少し晴れた気がした。

それからは、僕はずっと一番前の電車に乗り続けた。

一番後ろの車両より5割増しに込んだ車両の中で、僕は目をつむって君の笑顔を思い出していた。

そして、木曜日が来た。

木曜といえば学校が休みの日だ。なのに僕は駅のホームに立っていた。

いつもと逆側のホーム。一番前じゃなくて一番後ろの車両。

僕は君をもっと近くで見たいと思った。気持ちが悪いかもしれないけれど。

今だから言えることだけど、僕は君に一目ぼれをしたんだ。

僕はドキドキしながら君を待っていた。

だけど・・・


君は来なかった。

次の日も、そしてまた次の日も。


いつもの場所に、君がいない。

いつもの場所に、笑顔が咲いていない。


僕が少しあきらめかけた時だった。ふと、いつもの場所に視線がいった。

いた。

君がいた。

ホームにはやねがあるけれど、大粒の雨が降り続くその向こう側。

いつもの笑顔を振りまいて、君が咲いていた。

僕は、思わず駆け出していた。

全速力で階段を上って、息をきらせて君の隣に座った。

「久しぶりだね」

少し、不機嫌そうに僕は言った。

そのとたん、僕の体をしびれのようなものが走ってとてつもない後悔に襲われた。

いったい、僕はなにを言っているんだ。

僕の一方的な恋。話したこともない。ましてや向こうは僕の存在すら知らないだろう。

けれど、君はその笑顔のまま言った。

「えぇ、風邪をひいていたから」

そういって、君はくすくす笑った。

「なにかおかしいかい?」

すべてがおかしいことは僕にもよくわかっていたが、そうゆう以外に会話を続ける方法がみつからなかった。

「だって・・・全速力で走って来るんだもん。びっくりしちゃって。トイレにでも行くのかと思った」

君はずっと笑い続けていた。

「それは・・・」

答えにつまった。

僕はふと気が付いた。

「みてたの?」

「えぇ、あなたが始めて向かいのホームに来た日からずっと」

心臓がドキドキと大きく脈打った。

「僕も・・・ずっと君を見ていたんだよ」

それだけゆうのに、どれだけの勇気を振り絞ったろう。

整いかけた呼吸がまた乱れてきた。

そこで君は、初めて笑顔から驚いた顔へといつもと違う顔をみせた。

驚いた顔もとても綺麗だった。

そしてそれがきっかけで、僕たちはお互いの電車が来るまで会話をする仲になった。

彼女の名前は姫音といった。

体が少し弱いこと、車両を変えた日僕の表情は今にも雨が降り出しそうだった。と姫音はいっていた。

そして、またしばらくがたった。

僕はずっと待っていた。君が来るのを。

いつもの電車を見逃しても君は来なかった。そう思ったときだった。

携帯が震えた。

『新着メールあり』

メールマークをクリックすると姫音からのメールだった。

「しばらく入院することになりました。少し寂しいけど、元気になったらまたたくさんお話しようね」

たっぷり1分はみていただろうか。僕は携帯を閉じてホームへと足を運んだ。


Rainy Day  君のいない日には

         足取りも重くなる

         あぁ・・・ぎりぎり遅刻・・・。 

| | コメント (6)

リラックス

もう六月も半ばに差しかかろうとしている

相変わらず学校に行き、バイトをし、レポートに追われる。

考えなければならないことに向き合う時間がどんどん減り

まとまらない考えを詰め込んだままの頭で日々をこなす。


時間は待ってはくれない。

そう思いながらもどうすることもできない


しなければならないことをやっているから

どうすることもできない。本当にそうなのか?


考えているときほど時間が早く進むから

そんな時間は、ない。今は動くしかない。

いつまでそれを続けるのだろう?

普通に生きようとする限り、人はいつまでもそうするのだろうか?

なぁんてちょっと恐ろしくなったり。


流されてはいけない、今は流れに逆らい歩くことはできなくとも

自分の足を押している、その力を見ることをやめないで、

自分の目から見えるその景色を確かめながらいきたい。


金曜にボストンに行ってた時お世話になってたSimmons Collegeの生徒の子達が日本に研修で来てて一緒に飲みました。

自分の英語力の低下に冷や汗でした。


あれから3ヶ月、あそこで得たものを色々と置いてしまっていた気がする。

そして春休み、あそこから変わらない気持ちを持って来れてるだろうか?

たった数ヶ月が、あっという間に思える。

その数ヶ月で、何が変わったろう?


焦りは禁物、現状への高すぎる理想も。

でも常に全力を尽くすことを忘れてはいけないんだろう。


色んなとこで聴いてたけどちゃんと聴いたことは意外に無かった音

ジョン・レノンとジョージ・ハリスン、二人のソロアルバム聴いて

とりあえず頭冷やしていい空気取り入れようと思います。

| | コメント (1)

2006年6月10日 (土)

だめなの。

ちわ。僕です。

面接行って来ました。

結果。。。採用決まったそうです。(なぜか面接終了20分後に電話がかかってくるというスピード採用)

さぁぁぁぁてとぉぉぉぉ
お金ためないとねぇ。。。

 

 

あかん、日記の内容グダグダやな。

かといってあまり書く気力が無いので今日はこれで終わり。

 

 

…あ。明日は親戚の結婚式行ってきます。

| | コメント (2)

2006年6月 9日 (金)

Rainy Day 第1話

僕は雨が嫌いだった。

心までが曇ってしまうような、薄暗い空。

けれど君に出会ってから、僕は雨が好きになった。

お日様の代わりに輝く君の笑顔を僕はずっと見ていた。

駅のホームの向こう側。僕はずっと君を見ていたんだよ。




梅雨に入ってから、僕は毎日浮かない気分で学校に足を運んでいた。

もちろん、こんな気分では勉強なんかはかどるわけもないし、遅刻も多くなっていた。

大学に入ってからすでに1年が経ち、生活にも落ち着きが出てきた最近はバイトも初めた。

けれど、雨が僕の気分を台無しにしていた。

その日もやはり雨だった。

まだ気温が上がりきらない朝の空気にまじって、霧のような雨が僕の腕をぬらしていた。

なんだかジメジメしたまとわりつく駅のホームで僕はなんとなくタバコを買った。

高校生の時、先生にばれてから吸ってはいなかったが最近、なんとなくまた吸い始めてしまった。

いつもはホームの一番うしろに向かうけど、タバコを吸うために初めて灰皿のある、ホームの一番前に向かった。

喫煙場所は曇っていた。おびただしい数の喫煙者たちがタバコの煙を吸っては吐き、吸っては吐いていた。

僕は少ししりごみしたけど、ここまで来てしまったしその有害な煙の中に入っていった。

フェンスにもたれて、タバコに火をつける。

白い煙が出て、僕の口の中に苦い味が広がった。

いったい、僕は何をしているんだろう。

一生懸命はいった大学で、やる気がうせ、その上タバコまですってしまっている。

僕は、ふぅとため息をついて空を見上げた。

灰色の厚い雲の下を飛行機が通っている。なんでもない光景が、今の僕をとても馬鹿にしているように思えて腹が立った。

僕は視線を前に戻して、向かいのホームをみた。

自転車を停めている人、コンビニに入っていく人。コンビニの前では、またおびただしい数の人たちが空気を白くしながらタバコをすっている。

僕は端まで目線を流していった。

一番端までいった時、僕は息をのんだ。




その中で君だけが楽しいそうな笑顔で立ってたね。

なんだか君が光っているような気がして、僕の目にはもう君しか映らなくなっていたんだ。

| | コメント (2)

2006年6月 8日 (木)

原点回帰

ふぅバイト終わって帰ってから書くと、

もう日付かわる間際になってまうね・・・

あぶないあぶない。。

さて、あまりに貯めてしまっていたレポートの嵐、

そして中間テストを乗り越えてやっと一息つけました。。

けど生徒に「はやく化学のテスト作って!」

とプレッシャーかけられてるんで、まだ落ち着けません。。

そんなこんなの日々で、なんだか疲れていたので、

イマイチ音楽を聞く気にならず・・・

病み病みやったんですけど、「そんな時は原点回帰!」

「煮詰まったらSOPHIA」ということで、

僕が真剣に音楽を聴くようになったきっかけである

SOPHIAに立ち返る事にしました。。

ん~やっぱいい☆

一番慣れ親しんだ音楽、すんなりと耳に入ってきて、

なんか本当に癒されました♪

特にテクッてるわけでもないけど、カッコイイ!!

なんか詩が胸に響く。。。

改めて音楽っていいなぁって思いました。。

想い悩んでいるとき、誰かに話を聞いてもらうのもいいけど、

なんか気が進まないし、話しても、自分の意見を否定されて

余計に凹むかも、思い悩むかもしれない。

けどそんなときにふと音楽をきいてみると、

なぜだか心なしか癒されたり、落ち着いたり。。

まるでそこに誰かがいるかのように、

歌が語りかけてくれて元気が出る。。

音楽にはそういう力があると思うんです。。

CDを出しているようなミュージシャンは、

全国の幾人もの人を、時間や距離をも乗り越えて、

癒したり、励ましたり、しているんだと思うと

ホントすごいなぁっておもいます。。

ぜひ蓮音も、誰かを癒し、励まし、後押ししてあげれるような

バンドになって欲しいですね~♪


| | コメント (0)

2006年6月 7日 (水)

FEVER

今日はひさびさにダウン取られました。


やっぱ、自分を過信し過ぎたらあかんわ。

別に調子乗ってたわけじゃないししゃあなしやってんけど、

それでもまたアホやったなぁと思うわぁ・・・


限界を知るって言うことを諦めって言葉としてだけ受け止めるんじゃなくて

そういうトコを知ることでもっと効率よくやる術を見つけ出して、

やり方しだいでその限界を超えてやろうとすることが大事なんやろなぁ。

限界なんて無いって思うだけじゃなくて、限界を超える方法を身に付けようと思う。


去年も同じようなこと何回もやってんのに、ちゃんと学習しろよ(-_-)


まぁ、そんな大したことじゃないんやけどねw


SHINGOのバイトは今度こそ決まるんでしょうか?

むしろ決まったら決まったでキャラ薄くなるんじゃ・・・?w 

| | コメント (3)

2006年6月 6日 (火)

無気力症候群

僕です。

いい加減バイトせねヴぁ!

と思い(遅いって

本日電話したりしてました。

面接日が今度の土曜日。

もうネタは作られたわけです。

詳細は次回。

っつーことでまた土曜日に ノ

| | コメント (2)

今日はしょうせつはお休みw

なぜならネタがないからw

ふとした瞬間におもいつくんだが・・・w

とゆうわけでなんとなく今日は歌詞を作る時の話でもww

俺はリアルの世界の歌詞は書きませんw

ラブソングにしろ、何にしろすべて妄想ですw

俺の場合、ある風景が頭に浮かんでます。

たとえば、彼女と学校待ち合わせする時の場所(妄想のねw)

学校の中庭に髪の長い女の子がいて、風で髪がなびいてる風景だとかw

なんとなく、綺麗な風景が頭の中に浮かんでそっから物語を作ります。

俺がすっごい風景をイメージして作ってるから、歌を聴いて風景が頭に浮かぶ曲になります。きっと・・。ww

まぁ、何が言いたいかわからんけど、皆も作詞してみよう( ・∀・)=b

| | コメント (5)

2006年6月 4日 (日)

床掃除・・・決定!!!

ふぅ~、

今日はバイト先の月に一回の大イベント、

「床掃除」でした。

あの体力を奪われる爽快感は給料が出無かったら絶対にもうやりたくないですね!


昨日はSHINGOの日記通り彼と遊びました。いや、彼が遊んでました

でも最近やっとまた蓮音でできそうな曲が作れるようになってきて、

ホント今年は色んなとこに出てイロイロとやってやりたいです(^-^)


そしてまずはその第一弾!!


前から言ってた京都での対バンがやっとこさ決まりました!

こんなに時間かかったのには、イロイロと理由があったんですが、

ぶっちゃけどれもくだらないコトで、待たせた人、メンバー、ごめんな(_ _)

その分思いっきし暴れてやろうな(^-^)


というわけで、告知!!


7月8日(土)、VOX HALL(京都河原町三条)

<access>  京阪電車三条駅から徒歩3分
地下鉄東西線市役所前駅1番出口から徒歩5分
阪急電車河原町駅から徒歩15分

<map>http://vox.co.jp/voxhall/info_folder/info.html

<ticket>500円〔恐らくドリンク別、わかったらまた言います〕

ってな感じで!


6月末って言ってたんやけど、ちょっとずれてしまいました、すいません(_ _)


結局そこのライブハウス主催のイベントに出演さしてもらう形になったんで、

出演時間が結構短くなってもうたんやけど、

他にもいろんなバンド来るみたいやし,

きっと楽しいと思うのでぜひぜひ来てください(^-^)

あ、別に当日参加できると思うけど、

来てくれるって人は言っといてくれたほうが連絡とかしやすいんで

お願いします(^^)/

| | コメント (1)

2006年6月 3日 (土)

ハーモニー

僕です。

皆さん元気ですか?

僕はいつもどおり微妙なテンションを保っております。

 

 

さて、今日はTAICHIの家で一時から練習でした。

今日は練習までにいろいろとあったのですが(TAICHIが電話に出ないとか・・・笑←まぁ夜勤明けだったらしいし)

めんどくさいので省きます(おい

練習内容は新曲聞いて、行き詰ってた曲考えて、、、みたいな感じでした。

 

でだ、

今日の曲について一言。
 
あの曲はAメロBメロとハモリがおいしすぎる

 

いやホントに笑

しかし問題はサビからがハモれないっていう。。。どう処理するかなぁ・・・

つーかね、今日ずっとその曲が頭ん中で流れてるんですが
どうなんですかTAICHIさん!?

| | コメント (2)

2006年6月 2日 (金)

やったね^^

今日はスタジオ練習の日((´∀`*))

いつもどうり・・・ってか今日は全員5分前に集合!!奇跡w

ゆるいバンドですな~レオってw

今日は遅刻しなかったTOSHIがなんでもない日常を告白しましょ~。

んで、今日はサポートのドラマーさんが決まりました!!

某音楽学校卒のドラムの先生です^^蓮音にとって、こんなに心強い味方はいないでしょう^^

がんばってインディーズまでいったら・・・定着してくれないかなw

無理かw

とりあえず、6月のライブですが7月8日になりそうですwごめんw

これはTAICHIががんばってくれたんだよ。決めた日にライブハウスが取れなくて・・・。

でも8日は確定みたいなので楽しみにしててね^^

あと1ヶ月!!曲も順調に完成してきてます!!

今から楽しみだ~☆

それでは、また月曜日に(*´∇`)ノシ

| | コメント (0)

遅刻~

ごめんなさい・・・木曜に更新できませんでした。。。

実は、バイト終わってから、勤め先の某予備校で、

一服してたら、Taichi氏が来て、一緒に天一行ってましたw

注文をすませたのはいいものの…

つい勢いで間違えて

「並チャW K定!ネギ大、硬メン」

て注文しちゃいました・・・

いみわからんて??

チャーシュー麺特盛り(メンもスープも並の二倍)

の唐揚げ定食(唐揚げ3つとご飯大盛り)

ですわw

食えるわけ無いw

いつもは並K定か、特盛りのみやのに、

今日は両方だなんて・・・

Taichiにご飯をヘルプしてもらって何とか完食!!

お腹裂けそうですwでもやっぱコッテリさいこ~☆

今からレポートやらないと・・・

| | コメント (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »