« 地獄⇒天国⇒地獄 | トップページ | 視界 »

2006年6月26日 (月)

第二章 HOLIDAY 第3話

気が付いたら、僕は姫音を抱きしめていた。

泣きそうな顔でうつむいた姫音を見て、僕はなんだか切なくて胸が苦しくなった。

それから二人はごく自然に愛し合った。

僕も姫音も始めての経験だったけど、順序とかそんなものじゃなくて、そこには愛があって、姫音がいて、ぬくもりがあった。

気が付くと8時になっていた。

バイトには完全に遅刻だけど、なんだか不思議と僕は安らいでいた。

真っ暗な部屋で、長い時間僕たちは何も言わずに抱き合っていた。






     揺れては、また繰り返す いつまでも ずっと・・・きっと

     二人でいる時間だけ 足りないんだ もっと・・・もっと

     知らなかったはずなのに、懐かしいよ 一個一個

     すべてが僕の心に・・・染み渡って行く・・・





そして、それが僕たち二人にとって最初で最後のつながりになった。




秋になって、まもなく姫音のガンは再発した。

また入院生活が続いて、僕は毎日、姫音を見舞った。


けれど、今度は・・・姫音は帰って来なかった。

もぅ、あの笑顔を見ることも無い。あのぬくもりも感じることは出来ない。

あの綺麗な声を聞くことは無い。もぅ、君に愛してるって伝えられない。


僕は姫音の最後を見届けた。

最後に姫音は僕に笑ってみせた。僕も笑顔を返した。

姫音の手から力が抜けた瞬間、僕の中で何かが切れて目からとめどなく涙があふれた。

それからはお通夜とかお葬式とか、なんだかあわただしく過ぎ去っていった。





あれからもう一年が経つ。

僕は未だに立ち直れていない。

僕は弱い人間だ。この悲しみを乗り越えるための力は僕には無いよ。

ねぇ、もう一度だけ君が笑顔をくれたなら・・・君との日々を思い出に出来るかな?

僕は一生、君と生きていくよ。それを君が望んでいるのかはわからないけど。





今日は、雨が降っていた。

すべてを流し去ってくれる雨。

君と出会った駅のホームで、流れる涙をごまかしてくれてる。

|

« 地獄⇒天国⇒地獄 | トップページ | 視界 »

コメント

ぅゎぁ。
なんか泣きかけました。今授業中ゃから我慢したケド。せっかく結ばれたのに死んじゃうトカ本気可哀相。
姫音ゎ幸せの中愛されて死ねたケド残された蓮音ゎホンマ可哀相ゃぁ。
再発トカ…するかなって思ってたケド再発せんとってほしかったぁ↓↓↓
何よりもずっと姫音を想い続けてる蓮音がホンマ切なすぎる↓↓
って長々と意味わからんコト書いてごめんなさい。

投稿: みお | 2006年6月26日 (月) 13時43分

あぁ、、、悲しいなぁ。。。
TAICHIすまんwHOLIDAYはこんな曲じゃないよなww
みおちゃんもライブで本当のHOLIDAYを聞いて幸せな気持ちになってくれw

投稿: TOSHI | 2006年6月26日 (月) 23時14分

もしかして曲の背景やったんですか?笑
ライブハウス行った事なぃから悩んでるんですー焦

投稿: みお | 2006年6月26日 (月) 23時33分

曲のプロモーションの予定やってんけどw
悩む?別にライブハウスは怖いとこじゃありませんwww
つか・・・ライブハウスでしかライブしようがないよwww

投稿: TOSHI | 2006年6月27日 (火) 07時36分

でもこないだ川西の阪急の駅とアステの間でライブしてたょ☆
八日ってどこでやりはるんでしたっけ?

投稿: みお | 2006年6月28日 (水) 14時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地獄⇒天国⇒地獄 | トップページ | 視界 »