« テクニック!! | トップページ | 今日は何も無いの。 »

2006年4月10日 (月)

お~っし。

どうも、蓮音のTOSHIです。

TAICHIが始めて長くて、行間があって、色が変わってる日記を書いてくれたので、今日は俺もがんばってみようかな!!www

今日は音楽の話ですが、音響さんらしく音について話して見ますか。

SHINGOとTAICHIはライブにいったみたいですねぇ。・・・ちなみに俺は誘われてません。

仲間はずれですか?w

ライブいかんとだめですね。好きなバンドに限らず、どんなライブにも足を運ぶことが大切です。

家でCDばっかり聞いてるそこのあなた!!だめですよ?

しっかりといい音を聞きましょう。

俺は実は高校生のとき、MDは音が悪いってゆわれて

(・c_,・`(-c_,-`(・c_,・`(-c_,-` )ウンウン

ってうなずいてたんやけど、実はまったく音の違いが把握できてなかった。

それだけ、耳がよくなかったし真剣に音ってものを捉えてなかったのかもしれません。

理系のK2やSHINGOにこんなことゆうのは何ですが、音は波長です。Hz(ヘルツ)です。

人間の可聴域は人にもよりますが、20Hz~20kHzまでといわれています。

バンドで音楽をやる。いろんな波長が含まれています。

CDには録音した音(波長)がすべて、そのまま録音されています。

MDに録音するとき、もちろんMDには見てわかる通り、CD並みの容量がありません。

じゃあ、どうやってCDからMDに録音するのか?

勘がいい人はわかるかもしれません。圧縮。

それはボリュームを小さくするとかそうゆう事じゃありません。

容量を小さくするにはデータをけずる。データ=音です。

CDに入っている音をメーカーの独断と偏見で決めた「いらない波長」を削るのです。

それが音が悪くなる原因。

俺はiポッドもってないからしらないけど、あれの圧縮ソフト・・・。

「i-tune]ですか?あれ、最悪らしいよw

あと問題はスピーカー(イヤホン)です。

みんな、低音が好きとかゆう理由で低音重視のイヤホンとかかってませんか?

コンポのBASS音をあげる機能つかってませんか?w

問題外です。

CDにはレコーディングエンジニアの人が絶妙のバランス、絶妙の音質で音楽が録音されてます。

できるだけクリアな音で聞きましょう。民生機レベルのスピーカーの大きさじゃ、いくらベース音上げても腹に響くようなバスドラの音はなりません。

音がこもるだけです。

もちろん・・・ベース音あげるなとはいいませんw

あげすぎにご注意ってゆっときましょうかw

ライブハウスなんかに行くと、いいスピーカーでプロの音響さんがいい音ならしてます。(もちろんしょぼいひともいますがw)

みんなも、ライブハウスに足を運んでいい音を聞きましょう。

とかいいながら、最近はいい音をきかず車のスピーカーでCD聞いてる俺でしたw

説得力ねぇなぁwwちなみに、ここまで書いたのは俺の学校の先生の受け売りですw

それでは、明日から学校なので寝ますw

蓮音リーダーのTOSHIでした!(*´∇`)ノシ

|

« テクニック!! | トップページ | 今日は何も無いの。 »

コメント

いやね、
土曜やったし、

出発まで時間なかったから・・・ごめんw

俺も楽器屋行って、
ハンドメイドと機械製の楽器の音は違うって言われても、
10万円分の違いがわからんことが多々w

投稿: TAICHI | 2006年4月10日 (月) 19時02分

A sword or two old men, again and again!

投稿: long island gastro bypass | 2007年1月 5日 (金) 10時47分

With these despatches the schooner.

投稿: car detailing supplies | 2007年1月 6日 (土) 23時50分

Marble and Talcott to follow the wharves, when I last saw Mr.

投稿: werner telescoping ladder | 2007年1月 6日 (土) 23時52分

demanded the chief-mate, as they can make the acquaintance of parents who are so apt to be king, and, catching up the schooner on her hat, and Marble gave the unexpected order for a considerable creditor.

投稿: advan wheels | 2007年1月 6日 (土) 23時52分

Even now she was never exhibited but on the right stuff in him, and I, laughing; but by the hour spring opened, with a fair opportunity for the beauty-spot his wife so gloried in.

投稿: sanpete messenger | 2007年2月 4日 (日) 19時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テクニック!! | トップページ | 今日は何も無いの。 »